前へ
次へ

大量に持ち込まれる時期より早々に査定に出す

新春の慶びを装うために、和装が年々人気取りし、男性の着物姿も1月には見かけるようになりました。

more

意外と高く売れた、着物買取体験談

祖母が生前残してくれた着物を整理する事になり、処分するよりは買い取ってもらえないかと着物の買取先を探

more

多くの人が着物買取時に利用している出張買取

宅配買取や店頭買取の他に着物買取業者によっては、出張買取を実施している場合があります。
予め業

more

振袖を持参する時期は1月半ばが多い

鮮やかな青、大胆に鶴と熨斗柄の古典振袖が持ち込まれるのは、成人式を無事に終えた1月半ばでした。
お母さんから受け継がれていた振袖で、娘さんの成人の式典を迎えるまで、桐箪笥で眠っていたとのことで、着物買取実績がある店舗に持参されました。
自分はアルバイトとして買取店で働いていたのですが、大事なのは着物の状態です。
保管がしっかりされており、着用後にクリーニングに出し、綺麗な状態で持ち込まれたため、買取アップとなりました。
新古典柄は、華やかさ、可愛らしさが強調される柄でもあり、正統派の古典柄も現代柄とは違った華やかさでニーズもあります。
一式、23000円ほどの取引となりました。
他にも、重要無形文化財とは異なりますが、本場で作られた紬の証紙の着物も成人の娘さんのお母さんが持参されていました。
証紙には違いもあるので、細かく丁寧に査定をしてくれるプロがいます。
優雅な絵柄、金箔が織り込まれた着物で適正価格で買取が成立しています。

".file_get_contents('http://links-001.com/kaitoriset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

着物を売るなら今がチャンスの時期

古着の着物にも需要がありますから、もう袖を通さない着物をお持ちなら、買取業者に査定を依頼するのが得策です。
現在では外国人観光客のお土産としても着目されており、高く売れるチャンスとなっています。
また、趣味として日本舞踊や茶道を習われる方も多く、中古の着物を求めている人も少なくない状態です。
そのため状態が良ければ、予想以上の値が付くかもしれません。
とはいえ着物は雑に保管していればシミなども付くので、コンディションが良好なうちに売るのがベターです。
主な買取方法には店頭への持ち込みのほか、出張買取や宅配買取もあるため、都合の良い方法を選ぶと良いでしょう。
ただし買取価格は業者によっても差異が見られるため、可能な限り複数の買取店で査定を受けるのがポイントです。
そこで、まずは相場のチェックも兼ねて、電話やネットによる簡易査定を利用すると便利です。
そして、写真査定に対応する業者なら、スマホなどで撮影した画像を添付しますと、簡易見積もりでも比較的精度の高い査定が受けられます。

Page Top